うつ病が早期発見と治療が大切【しっかり休み治療を行える環境】

女の人

正しく知りたい鬱のこと

カウンセリング

正しく知れば鬱も怖くない

一口に風邪といっても症状が多様であるように、うつ病にも様々な種類があり、心身に現れる症状にも違いがあります。そのため「鬱なら外出できないはず」「気持ちがふさぎ込んでいないのでうつではない」といった判断は非常に危険なものといえるでしょう。正しい知識を得ること、そして多角的に捉えた上で長期的に付き合っていくことがうつ病を治すためには必要不可欠なのです。一般的なうつ病のイメージとして挙げられるのは大うつ病性障害で、長期(2週間以上)にわたる抑うつ的な気持ち、興味関心を失っている状態が続いている場合がこれに当てはまります。消えてしまいたいという願望や睡眠障害や食欲低下といった作用を及ぼすこともあり、周囲から見てもうつ病だとわかりやすいといえるでしょう。双極性障害もうつの一種で、抑うつ的な状態が続く一方で、躁(気分が高揚し、積極的な言動や感情の高ぶりが見られる)状態が続くこともあるという特徴を持ちます。つまり、落ち込んでいるだけでなく、あらゆることに精力的に取り組んだり、自信満々に振る舞う期間があったりするため、第三者から見るとうつ状態とは思えないこともあるのです。さらに、躁と鬱の状態は交互にやってくるものですが、その期間・長さは人によって異なり、数日単位で起こることもあれば、数年単位で発生することも珍しくありません。また躁と鬱の度合いも人によって違いがあるため、性格的な問題や仕事上のストレスを発散しているだけというように誤解を招くことがあります。双極性障害から分かるように、元気で活動的な姿が見られるからといって「うつ病ではない」と言いきることはできません。以前の自分とは違う、家族や友人の様子が違うと感じたら通院を勧めたり、気をつけてその様子を観察したりすることが重要なのです。うつの中には入院が必要になるケースもあります。症状が重い場合や治療までに長期間を要すると判断された場合などがこれに当てはまります。また、仕事や家庭などから引き離す、つまり環境を変える必要があると判断された場合や、自傷行為が予見される場合も入院を勧められる場合があるでしょう。入院先はかかりつけの病院や症状によって異なり、精神病院での療養が推奨されるケースもあれば、大学病院などで入院することもあります。本人が暴れたり、他者に危害を与える可能性があったりすると判断された場合は拘束されることもありますが、基本的には一般的な入院と変わらない様式が取られるでしょう。今回紹介した以外にも、精神的症状が現れにくい仮面うつ病や、出産したことで起こる産後うつ、季節の変わり目に起こる季節性情動障害といったうつ病の種類があります。どれも発症するきっかけやタイミングは異なりますが、悲観的・抑うつ的な気持ちになったり、食欲や睡眠障害、焦りや苛立ちなど感じるといった症状が出るものです。「いつもと少し違うな」「なんとなく体調が悪そうだな」と感じたら、そのサインを見逃さないことが早期治療には欠かせません。健やかな生活を送るためには、無理や我慢ではなく、心と体の声に耳を傾けながら過ごすことがとても大切です。