うつ病が早期発見と治療が大切【入院するリスクあり】

女の人

心のリハビリ

聴診器

休みながら回復させる

うつ病は心の風邪のようなもので、誰でもうつ病になってしまう可能性があります。しかし、できれば一生うつ病にならずに健やかな心で日々を過ごしたいですよね。うつ病はお薬を飲んで自宅で様子を見られる場合もありますが、重度になると入院しなければならない場合もあります。入院が必要なレベルになると、気分が沈むだけでなく、身の回りのことを何もする気にならなかったり、簡単なことも自分で決められなくなったりしてしまいます。うつ病は早く異常に気がつけば軽度で発見できて、早く治すことができる場合もあります。重度になってしまう前に、自分で病院に行ったり、周りが指摘して病院に連れて行ったりしてスムーズに治療を開始できるように気をつけることが必要です。入院しなければならない場合は、とにかく早く治さなければと焦っても逆効果です。専門家の意見をしっかり聞くことが、治療の近道になるでしょう。治療は薬を飲むことで症状を改善していきますが、有効な方法としてリハビリが挙げられます。リハビリといえば事故にあったときや年配の方が力をつけるために行なっているイメージを持っている方が多いですが、心療内科でもリハビリは行われています。作業療法士が行う精神分野のリハビリは、うつ病の治療に効果的です。うつ病のリハビリには大きく分けてふたつあります。ひとつは患者さんひとりひとりに合わせた個別治療です。もうひとつは何人かで集まって行う集団治療です。それぞれに目的があり、時期に合わせた治療を行います。個別の治療は、作業療法士が入院しているお部屋に出向いて1対1で行うことができます。起き上がる気力がない方や、人と関わることが負担になってしまう方は、無理に部屋から出たり人と関わって疲れてしまったりする場合があります。まずはひとりのスタッフとじっくり信頼関係を深めて、少し気力が湧いてきたところで集団治療に参加する方が精神的な負担が少なくて済みます。入院中は焦らず、心を休ませることも必要です。少し余裕が出てきたらお部屋から出て、他の患者さんと一緒にリハビリを行います。一緒に行うといっても段階があります。まずは同じお部屋に何人かいるけど個別に違う作業を行います。患者さん同士は空間を共有するだけで関わりは持ちません。いきなり他の患者さんと話をしたりして関わるのは負担になってしまいます。その後徐々に同じ作業を一緒に行ったり、患者さん同士話し合いの場を設けたりして治療の内容を変えていきます。強い薬で見かけだけ元気にしても、それは完治したとは言えません。お薬がなくなればまた元に戻ってしまいます。一番の近道は、心をきちんと元気にすることです。そのためにはリハビリを受けて、無理なくその時々に合わせた治療を行っていくことが大切です。お部屋でじっとしていると気持ちばかり焦ってしまうかもしれませんが、早く治すためには大切な時間である場合もあるのです。心が無理をしてうつ病になってしまうので、治療は心に無理をさせず、ゆっくり休ませてあげることが大切です。できる範囲を少しずつ広げていくイメージでリハビリを行なっていくと、無理なく元気になっていくことができます。