うつ病が早期発見と治療が大切【しっかり休み治療を行える環境】

うつ病でお悩みですか?入院が必要かもしれません
カウンセリング

正しく知りたい鬱のこと

気分が落ち込む大うつ病性障害、気分の高揚と低迷が交互に起こる双極性障害、季節の変わり目に起こりやすい季節性情動障害、これらはすべて鬱病の種類です。うつにも様々な種類があり、病気に応じて入院や投薬、安静など適切な処置をする必要があります。

最近おかしいと感じたら

メンズ

症状が深刻な場合の対応策

もし家族や大切な人が、元気が無い状態が続いたり、いつもと何かおかしいと感じたりしたら、もしかするとそれはうつ病を発症している可能性があります。うつ病は誰でも発症してしまう可能性がある病気であり、外見上何も変わらない為、誤解されてしまう場合もあります。これまでいつも仕事に意欲的だったのに、最近目がうつろだったり、意欲が持てない状況が続いていたりすると、周りの人から見れば怠けていると見られてしまう場合もあるでしょう。うつ病は周りの人からなかなか気付かれにくい病気であり、発症している本人さえも気付いていない場合もあるので注意が必要です。そんなうつ病を発症してしまった場合、出来るだけ早く専門の病院である精神科や心療内科での治療が必要になります。精神科や心療内科では、うつ病であるかどうかをきちんと診断基準を用いてチェックし、また問診など行い調べていきます。うつ病は大変個人差が大きい病気であり、それぞれ症状が異なるので、総合的に判断しなければいけません。また、一般的にうつ病の場合通院をしながら症状を徐々に改善させていきますが、症状がひどい場合は入院をして治療を行う場合もあるでしょう。どの様な時に入院になってしまうのかというと、例えば症状があまりにもひどく食事を摂ることが出来ず衰弱している時や、抗うつ剤の副作用が出てしまっている場合などがあげられます。うつ病を発症すると、食欲減退などの症状も出てしまいあまり食事を摂らなくなってしまう患者さんもいます。その状態が長く続けば体力も無くなってしまいますし、体重もどんどん落ちてしまうでしょう。また、抗うつ剤を処方されることが多いですが、その際副作用が出てしまう人もいる為、副作用の出方などを見た上で入院の診断が下りる場合もあります。その他にも、精神的な落ち込みがかなりひどい病気や、自宅での療養が難しい場合にも入院になってしまうケースがあるでしょう。精神的な落ち込みがひどくなってしまうと、一人にしておくのも危険な場合があります。また、この病気を発症してしまった際はゆっくり休養を取ることがとても大切になりますが、自宅でゆっくり休養を取る環境に無い場合などは入院になるケースもあるでしょう。とにかく出来るだけ早く症状を改善する為には、本人にとってしっかり休み治療を行える環境が大切になります。この病気は、不治の病ではありません。きちんとした治療を受けることで徐々に快方に向かうことが出来るでしょう。その為には、長期間の通院が必要であったり、入院しなくてはいけない場合もあったりしますが、適切な治療を受けしっかり休養を取ることでしっかり治すことが出来る病気です。うつ病を発症してしまうと、本人だけでは無く、周りもどの様にすれば良いのか迷ってしまう場合もありますが、きちんと専門の病院で治すことが一番良い事です。軽い症状だからといってそのままにしていると、どんどん深刻になってしまう場合もあるので、出来るだけ早く治療を開始する必要があるでしょう。家族や大切な人が、うつ病を発症しているのでは無いかと感じたら、出来るだけ早く病院に行くことを進める様にしましょう。

聴診器

心のリハビリ

うつ病で入院したら、早く治すためにはリハビリが効果的です。作業療法士が行う個別治療や集団治療をその時々の状態に合わせて行っていきます。心に負担をかけないようにはじめはゆっくり休むことも必要です。少しずつできる範囲を広げていきましょう。

医者

症状を早期に改善しよう

今発症してしまう人が多いうつ病は、時に入院が必要になってしまう場合があります。病院で適切な治療を受けることで早期に症状改善につなげることが出来るので、気になる症状がある場合は速やかに病院に行きましょう。